プライベートバンキング

PRIVATE BANKING

譲渡対価を主軸とした資産運用のご相談もM&Aスタジオにおまかせ下さい。

プライベートバンキング

経営者にとって最大の資産とも言える自社株式の譲渡が完了すると、それまで保有していた株式が多額の現預金に変わります。譲渡前まで継続的にキャッシュを生み出した自社株式ですが現預金に変わる事で、その運用方法の検討が必要になる事が多いです。
また経営者の年齢やご家族構成により、お客様のライフプランに応じた資産運用助言が求められます。我々は、どの金融機関の系列にも属さない、完全独立系のIFAと連携し、中堅中小企業経営者の株式譲渡後の資産運用管理をサポートします。

M&Aアドバイザリーにおけるプライベートバンキングサービスとは

証券会社、金融機関に属するファイナンシャルアドバイザーが資産運用助言を実行する場合、どうしても所属団体の取り扱う金融商品の推進が主軸となりがちです。
我々は、完全独立系のIFAと連携する事で、お客様のご意向をしっかりとお聞かせいただいた上で、お客様に最適な運用助言を完全オーダーメードで実行します。

報酬について

報酬等は、お話し合いによって、決定させていただきます。