素朴な疑問なんですが、売却希望価格と買収希望価格は、どちらが先に提示するものですか?

素朴な疑問なんですが、売却希望価格と買収希望価格は、どちらが先に提示するものですか?

素朴な疑問なんですが、売却希望価格と買収希望価格は、どちらが先に提示するものですか?

質問者
質問者アイコンタイプ3

質問受付:2020/5/16
ニックネーム:F.T様 業種:化学肥料製造業 売上規模:10億円以上 関心のある事項:買収・売却 年齢:60代

回答者
回答者マックス山本ファクター

回答日時:2020/5/17
M&Aアドバイザー マックス山本ファクター(プロフィール

質問者
質問者アイコンタイプ3

質問受付:2020/5/16
ニックネーム:F.T様 業種:化学肥料製造業 売上規模:10億円以上
関心のある事項:買収・売却 年齢:60代

回答者
回答者マックス山本ファクター

回答日時:2020/5/17
M&Aアドバイザー マックス山本ファクター(プロフィール

質問者
質問者アイコンタイプ3

質問受付:2020/5/16
ニックネーム:F.T 様
業種:化学肥料製造業
売上規模:10億円以上
関心のある事項:買収・売却
年齢:60代

回答者
回答者マックス山本ファクター

回答日時:2020/5/17
M&Aアドバイザー マックス山本ファクター(プロフィール

この質問は…
未解決 
この質問は…
未解決 

いいですねー。こういう素人目線の質問はいいです。
我々はこの仕事ばかりしているので当たり前に思っている事でも、知らない人からすると、これってどうなんだろう?て事はたくさんありますよね。わかりやすく丁寧にレクチャーしたいと思います。

中堅中小企業のM&Aにおいては、大半の事案が売り手から始まります。すなわちアドバイザーが売りマンデートを獲得し、案件化作業を行い、売り手経営者に希望譲渡価格も含めたヒアリングを行います。
この時に、例えば本当の希望価格は1億5千万円ですが、ちょと高めの2億円ぐらいから提案を進めましょうか?みたいなやりとりがされる事もあれば、そもそも実務上はこのやりとりすら行われないようなケースもあったりします。
例えば、売り手社長がそもそも価格にこだわりが無いケース。そんな事あるの?って思われる方が多いと思いますが、そういうケースは実際に存在します。仲介という立ち位置からすれば、売り手の期待値は低ければ低いに越した事がないので、できる限りコントローラブルにしておく事が案件をまとめる上では望ましいのです。

そんな状態であってもまずは買い手へ案件を提示する時、価格がついていないと買い手は判断できませんから、アドバイザーが個人の匙加減で価格を提示する事も少なくありません。
当然それを理論的に示せと言われたら、時価純資産+営業権何年分という形で説明ができますから間違いでは無いのですが。まあ、実際そんなものです。

故に、中堅中小企業のM&Aの価格提示は売り手から始まり、それを基準に買い手は価格を検討するという事になるというのがご回答です。
が、最初から低い価格を提示してくる仲介会社はまず無いので、そいうものだという事を理解しておかれる事は、今後買収をお考えのあなたにとってはリッチな情報だと思います。

回答日時:2020/5/17

回答者
マックス山本ファクター署名

いいですねー。こういう素人目線の質問はいいです。
我々はこの仕事ばかりしているので当たり前に思っている事でも、知らない人からすると、これってどうなんだろう?て事はたくさんありますよね。わかりやすく丁寧にレクチャーしたいと思います。

中堅中小企業のM&Aにおいては、大半の事案が売り手から始まります。すなわちアドバイザーが売りマンデートを獲得し、案件化作業を行い、売り手経営者に希望譲渡価格も含めたヒアリングを行います。
この時に、例えば本当の希望価格は1億5千万円ですが、ちょと高めの2億円ぐらいから提案を進めましょうか?みたいなやりとりがされる事もあれば、そもそも実務上はこのやりとりすら行われないようなケースもあったりします。
例えば、売り手社長がそもそも価格にこだわりが無いケース。そんな事あるの?って思われる方が多いと思いますが、そういうケースは実際に存在します。仲介という立ち位置からすれば、売り手の期待値は低ければ低いに越した事がないので、できる限りコントローラブルにしておく事が案件をまとめる上では望ましいのです。

そんな状態であってもまずは買い手へ案件を提示する時、価格がついていないと買い手は判断できませんから、アドバイザーが個人の匙加減で価格を提示する事も少なくありません。
当然それを理論的に示せと言われたら、時価純資産+営業権何年分という形で説明ができますから間違いでは無いのですが。まあ、実際そんなものです。

故に、中堅中小企業のM&Aの価格提示は売り手から始まり、それを基準に買い手は価格を検討するという事になるというのがご回答です。
が、最初から低い価格を提示してくる仲介会社はまず無いので、そいうものだという事を理解しておかれる事は、今後買収をお考えのあなたにとってはリッチな情報だと思います。

回答日時:2020/5/17

回答者
マックス山本ファクター署名

このQ&Aで解決しましたか?
解決していなければ
マックス山本ファクターに質問してみよう!