大手仲介などに依頼せずM&Aスタジオに依頼するメリットはなんですか?

大手仲介などに依頼せずM&Aスタジオに依頼するメリットはなんですか?

大手仲介などに依頼せずM&Aスタジオに依頼するメリットはなんですか?

質問者
質問者アイコンタイプ5

質問受付:2020/2/5
ニックネーム:さかい様 業種:設備工事業 売上規模:1〜5億円 関心のある事項:買収及び売却 年齢:50代

回答者
回答者マックス山本ファクター

回答日時:2020/2/5
M&Aアドバイザー マックス山本ファクター(プロフィール

質問者
質問者アイコンタイプ5

質問受付:2020/01/30
ニックネーム:さかい様 業種:設備工事業 売上規模:1〜5億円
関心のある事項:買収及び売却 年齢:40代

回答者
回答者マックス山本ファクター

回答日時:2020/2/5
M&Aアドバイザー マックス山本ファクター(プロフィール

質問者
質問者アイコンタイプ5

質問受付:2020/2/5
ニックネーム:さかい 様
業種:設備工事業
売上規模:1〜5億円
関心のある事項:買収及び売却
年齢:40代

回答者
回答者マックス山本ファクター

回答日時:2020/2/5
M&Aアドバイザー マックス山本ファクター(プロフィール

この質問は…
未解決 
この質問は…
未解決 

まず弊社がご提供するサービスをご説明しますと、LINE通話相談サービス、M&Aアドバイザリー先選定支援サービス、M&Aアドバイザリーサービス、プライベートバンキングの四つに大別されます。
現在、株式譲渡を検討する方の大半が、金融機関へ相談したり、あるいは専門会社のセミナーに参加した事をきっかけにM&Aを検討されているというのが実態ですが、そういった専門家と話をする前に、ある程度の情報をお客様自身が頭に入れ、M&Aアドバイザリーというものを予め理解される事が、M&Aという非常に重要度の高い意思決定を行う上で重要なプロセスであると考えています。
その思想のもと、我々は漫画動画を通じて中堅中小企業のM&Aのリアルを分かりやすくお伝えしておりますし、ウェブコンテンツもそういった思想に基づき構築をしております。

一方、それらの情報を元に、専門家と面談する前段で、より中立的な立場の専門家から幅広く情報を入手したいというお客様向けにLINE通話相談サービスをご提供しております。

また、その後、譲渡を決断されたお客様はアドバイザーの選定という意思決定を求められますが、その意思決定についても中立的な立場で、その意思決定をサポートするサービスをご提供しており、それがM&Aアドバイザリー先選定支援サービスです。

いずれも大手仲介会社あるいはその他のブティック等との違いは、自社がアドバイザリー契約を取得するという目的を最優先とせず、あくまでも中立的にお客様に情報提供を実施し、意思決定をサポートするという点にあります。

一方、マックス山本ファクターは経験豊富なアドバイザーですので、その結果としてM&Aアドバイザリーサービスをご提供する事はあります。この場合の他社との違いは、対応件数に上限を設ける事で、他の専門会社とは異なり、マックス自身がお客様に対して、その成功にコミットし、丁寧に並走をする事で役務提供を実施していきます。

経験年数の少ない若手が、会社の仕組みを活用し実行されるディールを多く見ますが、弊社はお客様に対してマックス山本ファクター品質の役務提供をお約束します。

我々の役務提供はあくまでもセルサイドがメインとなりますので、譲渡側のお客様の利益最大化にコミットし、バリューアップコンサルティングなども状況によってはご提案をする事で、あくまでもお客様の利益の最大化にコミットします。

譲渡後、お客様の自社株式は現預金に変換されるわけですが、弊社はこの資産のポートフォリオ構築、運用のご提案、税務的な対策も含めてワンストップで役務提供をするべくプライベートバンキングサービスをご提供します。

入り口から出口まで、そしてその先まで、信頼関係をベースとした、点ではなく面でのサポート、そしてお付き合いを前提としているところが我々のサービスの特徴であり、大手仲介会社との違いと言えます。

回答日時:2020/2/5

回答者
マックス山本ファクター署名

まず弊社がご提供するサービスをご説明しますと、LINE通話相談サービス、M&Aアドバイザリー先選定支援サービス、M&Aアドバイザリーサービス、プライベートバンキングの四つに大別されます。
現在、株式譲渡を検討する方の大半が、金融機関へ相談したり、あるいは専門会社のセミナーに参加した事をきっかけにM&Aを検討されているというのが実態ですが、そういった専門家と話をする前に、ある程度の情報をお客様自身が頭に入れ、M&Aアドバイザリーというものを予め理解される事が、M&Aという非常に重要度の高い意思決定を行う上で重要なプロセスであると考えています。
その思想のもと、我々は漫画動画を通じて中堅中小企業のM&Aのリアルを分かりやすくお伝えしておりますし、ウェブコンテンツもそういった思想に基づき構築をしております。

一方、それらの情報を元に、専門家と面談する前段で、より中立的な立場の専門家から幅広く情報を入手したいというお客様向けにLINE通話相談サービスをご提供しております。

また、その後、譲渡を決断されたお客様はアドバイザーの選定という意思決定を求められますが、その意思決定についても中立的な立場で、その意思決定をサポートするサービスをご提供しており、それがM&Aアドバイザリー先選定支援サービスです。

いずれも大手仲介会社あるいはその他のブティック等との違いは、自社がアドバイザリー契約を取得するという目的を最優先とせず、あくまでも中立的にお客様に情報提供を実施し、意思決定をサポートするという点にあります。

一方、マックス山本ファクターは経験豊富なアドバイザーですので、その結果としてM&Aアドバイザリーサービスをご提供する事はあります。この場合の他社との違いは、対応件数に上限を設ける事で、他の専門会社とは異なり、マックス自身がお客様に対して、その成功にコミットし、丁寧に並走をする事で役務提供を実施していきます。

経験年数の少ない若手が、会社の仕組みを活用し実行されるディールを多く見ますが、弊社はお客様に対してマックス山本ファクター品質の役務提供をお約束します。

我々の役務提供はあくまでもセルサイドがメインとなりますので、譲渡側のお客様の利益最大化にコミットし、バリューアップコンサルティングなども状況によってはご提案をする事で、あくまでもお客様の利益の最大化にコミットします。

譲渡後、お客様の自社株式は現預金に変換されるわけですが、弊社はこの資産のポートフォリオ構築、運用のご提案、税務的な対策も含めてワンストップで役務提供をするべくプライベートバンキングサービスをご提供します。

入り口から出口まで、そしてその先まで、信頼関係をベースとした、点ではなく面でのサポート、そしてお付き合いを前提としているところが我々のサービスの特徴であり、大手仲介会社との違いと言えます。

回答日時:2020/2/5

回答者
マックス山本ファクター署名

このQ&Aで解決しましたか?
解決していなければ
マックス山本ファクターに質問してみよう!