第9話 仲介か、FAか

第9話の解説

弊社のHP上においても簡単に説明をしているが、M&Aアドバイザリーの形式には、大きく分けて二つの形式がある。

一つ目が、仲介形式。M&Aの仲介とは、同一のM&Aアドバイザーが売り手と買い手の間に立ち、交渉の仲介を行い、中立的な立場でM&Aの成立に向けて助言業務を行なう。したがって、売り手と買い手どちらか一方の利益の最大化を目指すのではなく、両者の間に立って客観的に中立的な立場で交渉の仲介を行う。

二つ目がFA形式である。FAはフィナンシャル・アドバイザーの略称であるが、仲介とは異なり、売り手・買い手がそれぞれ別のアドバイザーをつけて交渉を行うスタイルである。

第9話 仲介か、FAか

大手仲介専門会社は、基本的に仲介を前提に業務を執行する。理由は、仲介として、売り手と買い手、両手でやる方が、自社にとっては収益力が高く、案件がまとまりやすいからである。これが昨今の仲介専門会社の収益性の裏付けである。

一方FA形式は、FAがクライアントの期待に応えようと、相手側に過度な要求を行なうことで、交渉自体を決裂させてしまうことや、M&A成立後の関係に禍根を残してしまう可能性が存在する。

一概にどちらが良いとは言えないが、自社のアドバイザーの立ち位置というのは、入り口で理解しておく事が肝要である。

また、国内中堅中小企業のM&Aにおいては、仲介形式でもFA形式でも、実態としては案件をまとめる方向にアドバイザーのインセンティブが働きやすい為、自身の実感としてはこの二つに大差は無いという印象である。この辺りを第9話では漫画で分かりやすくお伝えしよう。

第9話を今すぐ漫画で読む

第9話 仲介か、FAか①
第9話 仲介か、FAか②
第9話 仲介か、FAか③
第9話 仲介か、FAか④
第9話 仲介か、FAか⑤

第9話を今すぐ動画で視聴する

「第9話 仲介か、FAか」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第9話 仲介か、FAか

第9話 仲介か、FAか

第9話 仲介か、FAか①
第9話 仲介か、FAか②
第9話 仲介か、FAか③
第9話 仲介か、FAか④
第9話 仲介か、FAか⑤

第9話の解説

弊社のHP上においても簡単に説明をしているが、M&Aアドバイザリーの形式には、大きく分けて二つの形式がある。

一つ目が、仲介形式。M&Aの仲介とは、同一のM&Aアドバイザーが売り手と買い手の間に立ち、交渉の仲介を行い、中立的な立場でM&Aの成立に向けて助言業務を行なう。したがって、売り手と買い手どちらか一方の利益の最大化を目指すのではなく、両者の間に立って客観的に中立的な立場で交渉の仲介を行う。

二つ目がFA形式である。FAはフィナンシャル・アドバイザーの略称であるが、仲介とは異なり、売り手・買い手がそれぞれ別のアドバイザーをつけて交渉を行うスタイルである。

大手仲介専門会社は、基本的に仲介を前提に業務を執行する。理由は、仲介として、売り手と買い手、両手でやる方が、自社にとっては収益力が高く、案件がまとまりやすいからである。これが昨今の仲介専門会社の収益性の裏付けである。

一方FA形式は、FAがクライアントの期待に応えようと、相手側に過度な要求を行なうことで、交渉自体を決裂させてしまうことや、M&A成立後の関係に禍根を残してしまう可能性が存在する。

一概にどちらが良いとは言えないが、自社のアドバイザーの立ち位置というのは、入り口で理解しておく事が肝要である。

また、国内中堅中小企業のM&Aにおいては、仲介形式でもFA形式でも、実態としては案件をまとめる方向にアドバイザーのインセンティブが働きやすい為、自身の実感としてはこの二つに大差は無いという印象である。この辺りを第9話では漫画で分かりやすくお伝えしよう。

第9話を今すぐ動画で視聴する

「第9話 仲介か、FAか」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。