第80話 ステークホルダーへの配慮

第80話の解説

M&A仲介と聞くと、会社の売買故に、売り手と買い手の条件調整をして、それを契約書に落とし込む事でディールが成立するのだろう、と思われる方も多いのでは無いだろうか。第80話でも表現しているが、実際の現場はそんなに単純なものでは無く、実際実務においては「多次元のネゴシエーション」が求められる。

多次元のネゴシエーションとは、平たくいうと、M&Aを進めるにあたっては、非常に多くのステークホルダーが存在する。
アドバイザーは当該ディールの成立を目標にアドバイザリーを実行し、ディールをコントロールするのだが、一つのディールブレーカーによって案件が白紙になるという様な事は日常茶飯事であり、アドバイザーは、熟練すれば熟練するほど、いかに不安要素を潰していくか、という事ばかり考える様になるものである。

第80話 ステークホルダーへの配慮

本件においては、株式を3割保有する、西田会長の実子である西田社長への開示についての話である。経営者とはワガママで、ディールを進めるにあたっても自分の主張をガンガン押し付けてくる。
一方、それを鵜呑みにしている様ではアドバイザーとしてまともな働きをする事は出来ない。
クライアントの利益に立脚し、言うべきことは根拠を持ってビシっと言い切る事。アドバイザーとして求められる姿勢では無いだろうか。

第80話を今すぐ漫画で読む

第80話 ステークホルダーへの配慮①
第80話 ステークホルダーへの配慮②
第80話 ステークホルダーへの配慮③
第80話 ステークホルダーへの配慮④
第80話 ステークホルダーへの配慮⑤
第80話 ステークホルダーへの配慮⑥

第80話を今すぐ動画で視聴する

「第80話 ステークホルダーへの配慮」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第80話 ステークホルダーへの配慮

第80話 ステークホルダーへの配慮

第80話 ステークホルダーへの配慮①
第80話 ステークホルダーへの配慮②
第80話 ステークホルダーへの配慮③
第80話 ステークホルダーへの配慮④
第80話 ステークホルダーへの配慮⑤
第80話 ステークホルダーへの配慮⑥

第80話の解説

M&A仲介と聞くと、会社の売買故に、売り手と買い手の条件調整をして、それを契約書に落とし込む事でディールが成立するのだろう、と思われる方も多いのでは無いだろうか。第80話でも表現しているが、実際の現場はそんなに単純なものでは無く、実際実務においては「多次元のネゴシエーション」が求められる。

多次元のネゴシエーションとは、平たくいうと、M&Aを進めるにあたっては、非常に多くのステークホルダーが存在する。
アドバイザーは当該ディールの成立を目標にアドバイザリーを実行し、ディールをコントロールするのだが、一つのディールブレーカーによって案件が白紙になるという様な事は日常茶飯事であり、アドバイザーは、熟練すれば熟練するほど、いかに不安要素を潰していくか、という事ばかり考える様になるものである。

本件においては、株式を3割保有する、西田会長の実子である西田社長への開示についての話である。経営者とはワガママで、ディールを進めるにあたっても自分の主張をガンガン押し付けてくる。
一方、それを鵜呑みにしている様ではアドバイザーとしてまともな働きをする事は出来ない。
クライアントの利益に立脚し、言うべきことは根拠を持ってビシっと言い切る事。アドバイザーとして求められる姿勢では無いだろうか。

第80話を今すぐ動画で視聴する

「第80話 ステークホルダーへの配慮」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。