第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処

第8話の解説

会社を譲渡するに当たっては、株主以外に多くのステークホルダーが存在する。その中でも大きく利害関係を有しているのは従業員ではないだろうか。

経営者が代わり、社長が代われば、当然方針も変わる。自分の処遇はどうなるのだろうか。リストラされるのではないか。せっかく心地よく仕事をしているのにグチャグチャにされるのではないか。特に古参の社員ほど、そういった不安を抱きやすいものである。

企業は、ヒト・モノ・カネ、で成り立っていると言われるが、買い手が手に入れたいのはこの総体としての「会社」を買いたいのである。

第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処

例えば、ある経営幹部に技術開発のノウハウが全て集約されている場合、その「ヒト」が剥落する事で、「会社」の価値は大きく毀損する。故に、譲渡しやすいのは、会社として仕組化がされており、そのノウハウが人に依存していない状態の会社である。

とはいえ、どうしても属人的要素を100%排除する事は困難であり、そういったケースでは、その人材が留まるように調整を行う事になる。 第8話では、こうしたケースについて、漫画で分かりやすくお伝えする。

第8話を今すぐ漫画で読む

第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処①
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処②
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処③
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処④
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処⑤
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処⑥

第8話を今すぐ動画で視聴する

「第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処

第8話 社会保険料未納男の結末

第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処①
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処②
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処③
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処④
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処⑤
第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処⑥

第8話の解説

会社を譲渡するに当たっては、株主以外に多くのステークホルダーが存在する。その中でも大きく利害関係を有しているのは従業員ではないだろうか。

経営者が代わり、社長が代われば、当然方針も変わる。自分の処遇はどうなるのだろうか。リストラされるのではないか。せっかく心地よく仕事をしているのにグチャグチャにされるのではないか。特に古参の社員ほど、そういった不安を抱きやすいものである。

企業は、ヒト・モノ・カネ、で成り立っていると言われるが、買い手が手に入れたいのはこの総体としての「会社」を買いたいのである。

例えば、ある経営幹部に技術開発のノウハウが全て集約されている場合、その「ヒト」が剥落する事で、「会社」の価値は大きく毀損する。故に、譲渡しやすいのは、会社として仕組化がされており、そのノウハウが人に依存していない状態の会社である。

とはいえ、どうしても属人的要素を100%排除する事は困難であり、そういったケースでは、その人材が留まるように調整を行う事になる。 第8話では、こうしたケースについて、漫画で分かりやすくお伝えする。

第8話を今すぐ動画で視聴する

「第8話 株式譲渡に反対する取締役への対処」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。