第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜

第73話の解説

以前、譲渡側の社長の継続勤務についてお話した事があったと思う。譲渡側社長と安易に長期の顧問契約を締結しようとした買い手に対してマックスが警鐘を鳴らすという話である。
譲渡後の譲渡側社長の継続勤務については、短いから良いとか長いから良いとか、そういった事ではなく、売り手の希望、買い手の希望、事業に対する譲渡側社長の関与度によって答えは導き出される。

今回の事案においては、譲渡側の社長年齢は55歳とまだまだ若いが、子は銀行に勤務しており設計事務所を承継する意思は無い。故に事業承継の手法としてはM&Aが最有力の選択肢として選択されようし、社長もそのつもりである。

第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜

一方、株式譲渡対価はそこまで多額にはならず、年齢から考えても一定金額の収入が得られるのであれば譲渡を検討しても良いというのが売り手の主張である。
M&Aにおいて、契約内容はこうでないといけない、相手はこうでないといけない、といった借字定規な考え方をしていてはアドバイザーは務まらないと私は考える。

そもそも売り手がどの様な姿になる事を求めているのか、その為の課題解決手法はどういったものがあるか、仮にその選択肢の一つがM&Aであるならば、どういった条件あるいはどういった相手であれば売り手のあるべき形を実現できるのか、その様に俯瞰的に、抽象度を上げて思考を巡らす。

本件は、非常に簡易な話ではあるが、クライアントの課題解決に向けてはそういった思考様式でアプローチしているという事をお伝えしたいと思う。

第73話を今すぐ漫画で読む

第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜①
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜②
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜③
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜④
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜⑤
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜⑥

第73話を今すぐ動画で視聴する

「第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜

第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜

第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜①
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜②
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜③
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜④
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜⑤
第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜⑥

第73話の解説

以前、譲渡側の社長の継続勤務についてお話した事があったと思う。譲渡側社長と安易に長期の顧問契約を締結しようとした買い手に対してマックスが警鐘を鳴らすという話である。
譲渡後の譲渡側社長の継続勤務については、短いから良いとか長いから良いとか、そういった事ではなく、売り手の希望、買い手の希望、事業に対する譲渡側社長の関与度によって答えは導き出される。

今回の事案においては、譲渡側の社長年齢は55歳とまだまだ若いが、子は銀行に勤務しており設計事務所を承継する意思は無い。故に事業承継の手法としてはM&Aが最有力の選択肢として選択されようし、社長もそのつもりである。

一方、株式譲渡対価はそこまで多額にはならず、年齢から考えても一定金額の収入が得られるのであれば譲渡を検討しても良いというのが売り手の主張である。
M&Aにおいて、契約内容はこうでないといけない、相手はこうでないといけない、といった借字定規な考え方をしていてはアドバイザーは務まらないと私は考える。

そもそも売り手がどの様な姿になる事を求めているのか、その為の課題解決手法はどういったものがあるか、仮にその選択肢の一つがM&Aであるならば、どういった条件あるいはどういった相手であれば売り手のあるべき形を実現できるのか、その様に俯瞰的に、抽象度を上げて思考を巡らす。

本件は、非常に簡易な話ではあるが、クライアントの課題解決に向けてはそういった思考様式でアプローチしているという事をお伝えしたいと思う。

第73話を今すぐ動画で視聴する

「第73話 譲渡後の継続勤務〜全てはオーダーメードで〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。