第67話 トップ面談の注意点

第67話の解説

百戦錬磨の中堅中小企業経営者といえども、M&Aは一般的には一生に一度の経験である事が多い。故に、その途中のイベントにおける注意点について、M&Aという目線で見ると経営者が見えてない点が多く存在するであろうと思おう。

アドバイザーはトップ面談は顔合わせであり、交渉の場では無い、といった様な誘導をしますが、売り手と買い手が直接対峙する以上、ここはれっきとした交渉の場であると私は考えます。

第67話 トップ面談の注意点

決してその場で価格交渉などをしてくださいという事を言いたいわけでなく、トップ面談における発言や態度が、その後の相手方との交渉に影響を与える事は間違い無いので、そういう緊張感を持って、面談に臨むべきであるというのが私の主張である。

67話にある様に、トップ面談において相手の会社名だけを伝えるといった雑なアドバイザーはアドバイザー失格と言えよう。最低限帝国データバンクのデータからHPデータ程度は準備し、クライアントに事前にインプットする様促すのが通常かと思う。
その後の交渉を優位に進める目的で、相手に好印象を与えるという姿勢は重要であると考える。こんな事指摘される事は無いだろうが、身なりを整える事、また手土産を準備する事も有効であるケースは多い。また交渉ごとである以上、決して偉そうにする必要は無いが、ひれ伏す様な態度は禁物だ。あくまでもフィフティーフィフティーという姿勢を堅持したい。

会社の売り買いにおいて、どれほど企業価値の差があったとしても、どっちが上、どっちが下という事は、私は無いと考える。失礼な相手の場合、こちらからNOを突きつけるぐらいの強い気持ちでトップ面談に臨みたいものである。

第67話を今すぐ漫画で読む

第67話 トップ面談の注意点①
第67話 トップ面談の注意点②
第67話 トップ面談の注意点③
第67話 トップ面談の注意点④
第67話 トップ面談の注意点⑤
第67話 トップ面談の注意点⑥
第67話 トップ面談の注意点⑦

第67話を今すぐ動画で視聴する

「第67話 トップ面談の注意点」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第67話 トップ面談の注意点

第67話 トップ面談の注意点

第67話 トップ面談の注意点①
第67話 トップ面談の注意点②
第67話 トップ面談の注意点③
第67話 トップ面談の注意点④
第67話 トップ面談の注意点⑤
第67話 トップ面談の注意点⑥
第67話 トップ面談の注意点⑦

第67話の解説

百戦錬磨の中堅中小企業経営者といえども、M&Aは一般的には一生に一度の経験である事が多い。故に、その途中のイベントにおける注意点について、M&Aという目線で見ると経営者が見えてない点が多く存在するであろうと思おう。

アドバイザーはトップ面談は顔合わせであり、交渉の場では無い、といった様な誘導をしますが、売り手と買い手が直接対峙する以上、ここはれっきとした交渉の場であると私は考えます。

決してその場で価格交渉などをしてくださいという事を言いたいわけでなく、トップ面談における発言や態度が、その後の相手方との交渉に影響を与える事は間違い無いので、そういう緊張感を持って、面談に臨むべきであるというのが私の主張である。

67話にある様に、トップ面談において相手の会社名だけを伝えるといった雑なアドバイザーはアドバイザー失格と言えよう。最低限帝国データバンクのデータからHPデータ程度は準備し、クライアントに事前にインプットする様促すのが通常かと思う。
その後の交渉を優位に進める目的で、相手に好印象を与えるという姿勢は重要であると考える。こんな事指摘される事は無いだろうが、身なりを整える事、また手土産を準備する事も有効であるケースは多い。また交渉ごとである以上、決して偉そうにする必要は無いが、ひれ伏す様な態度は禁物だ。あくまでもフィフティーフィフティーという姿勢を堅持したい。

会社の売り買いにおいて、どれほど企業価値の差があったとしても、どっちが上、どっちが下という事は、私は無いと考える。失礼な相手の場合、こちらからNOを突きつけるぐらいの強い気持ちでトップ面談に臨みたいものである。

第67話を今すぐ動画で視聴する

「第67話 トップ面談の注意点」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。