第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか

第6話の解説

事業承継検討のフレームワークに基づき、同族承継不可、従業員承継不可、となればいよいよ選択肢は第三者承継(M&A)という選択肢のみが、取り得る選択肢となる。

それがわかっていても、なかなか実行に移せないというのが実際のところであるが、経営者の高年齢化、身体的なアクシデントの発生、パートナーの死去、競争の激化など外部環境の変化、その他多くの要因によって、経営者はその意思決定を迫られる事となる。

いざ、会社を譲渡すると決めた際に、はじめに経営者が意思決定をしないといけない事は「どのアドバイザーへ、アドバイザリーの依頼をするか」という事である。

第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか

もちろん、自ら相手を見つけてきて、直接交渉を実施して話をまとめるという事も出来なくはないし、それに近い形で譲渡を実現した経営者を少数ではあるが知っている。

一方、一般的には自社の財務情報の整理、候補先の選定、候補先への提案、トップ面談の調整、基本合意契約締結、買収監査、最終契約締結、といったM&Aにおける全工程を習熟している経営者は皆無に等しく、やはりアドバイザーを選任するというのが一般的なM&Aのアプローチではないだろうか。

今回は、譲渡を決断した経営者が一番最初に迫られる意思決定、どのアドバイザーへ譲渡の依頼をするべきか、というテーマについて、漫画でわかりやすくお伝えする。

第6話を今すぐ漫画で読む

第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか①
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか②
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか③
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか④
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか⑤
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか⑥

第6話を今すぐ動画で視聴する

「第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか

第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか

第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか①
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか②
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか③
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか④
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか⑤
第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか⑥

第6話の解説

事業承継検討のフレームワークに基づき、同族承継不可、従業員承継不可、となればいよいよ選択肢は第三者承継(M&A)という選択肢のみが、取り得る選択肢となる。

それがわかっていても、なかなか実行に移せないというのが実際のところであるが、経営者の高年齢化、身体的なアクシデントの発生、パートナーの死去、競争の激化など外部環境の変化、その他多くの要因によって、経営者はその意思決定を迫られる事となる。

いざ、会社を譲渡すると決めた際に、はじめに経営者が意思決定をしないといけない事は「どのアドバイザーへ、アドバイザリーの依頼をするか」という事である。

もちろん、自ら相手を見つけてきて、直接交渉を実施して話をまとめるという事も出来なくはないし、それに近い形で譲渡を実現した経営者を少数ではあるが知っている。

一方、一般的には自社の財務情報の整理、候補先の選定、候補先への提案、トップ面談の調整、基本合意契約締結、買収監査、最終契約締結、といったM&Aにおける全工程を習熟している経営者は皆無に等しく、やはりアドバイザーを選任するというのが一般的なM&Aのアプローチではないだろうか。

今回は、譲渡を決断した経営者が一番最初に迫られる意思決定、どのアドバイザーへ譲渡の依頼をするべきか、というテーマについて、漫画でわかりやすくお伝えする。

第6話を今すぐ動画で視聴する

「第6話 どのアドバイザーに譲渡の依頼をするべきか」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。