第59話 専属専任契約の意味

第59話の解説

M&Aアドバイザリーにおけるアドバイザーとの契約書には、大抵の契約が「専属専任契約」である。
が専属専任契約を締結するインセンティブをアドバイザー目線、クライアント目線で紐解いてみよう。

M&Aアドバイザリーは100万程度の着手金こそ接受するアドバイザーも多いが、基本的に案件が成立するまで手数料が発生しない。
そういったビジネスモデル故に、専属専任契約ではなく並行で契約を締結されようものなら、アドバイザーの成功確率は低下し、ビジネスモデルとして成立しにくくなる。これはアドバイザーから見た専属専任契約締結のインセンティブである。

第59話 専属専任契約の意味

また、複数のアドバイザーと契約を締結する事でコミュニケーションのロスは増加するが、専属専任であれば一人のアドバイザーと情報交換をするだけで済むというのは、クライアント目線から見た専属専任契約締結のインセンティブといえよう。
売り手が、複数のアドバイザーと契約を締結する事で、譲渡案件の情報が、いくつものアドバイザーから一先の買い手に持ち込みされる事が想定される。これにより売り手の買い手に対する信用力が低下する可能性があるが、専属専任契約の場合、こういったリスクは排除できよう。

私は、情報の秘匿性より、M&Aにおいては専属専任契約の締結が適切であると考える。一方、質の高い意思決定を追求する上では我々の様な専門家をバックアドバイザーとして迎えていただくというのは非常に合理的かつ懸命な判断であると考える。

第59話を今すぐ漫画で読む

第59話 専属専任契約の意味①
第59話 専属専任契約の意味②
第59話 専属専任契約の意味③
第59話 専属専任契約の意味④
第59話 専属専任契約の意味⑤
第59話 専属専任契約の意味⑥
第59話 専属専任契約の意味⑦

第59話を今すぐ動画で視聴する

「第59話 専属専任契約の意味」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第59話 専属専任契約の意味

第59話 専属専任契約の意味

第59話 専属専任契約の意味①
第59話 専属専任契約の意味②
第59話 専属専任契約の意味③
第59話 専属専任契約の意味④
第59話 専属専任契約の意味⑤
第59話 専属専任契約の意味⑥
第59話 専属専任契約の意味⑦

第59話の解説

M&Aアドバイザリーにおけるアドバイザーとの契約書には、大抵の契約が「専属専任契約」である。
が専属専任契約を締結するインセンティブをアドバイザー目線、クライアント目線で紐解いてみよう。

M&Aアドバイザリーは100万程度の着手金こそ接受するアドバイザーも多いが、基本的に案件が成立するまで手数料が発生しない。
そういったビジネスモデル故に、専属専任契約ではなく並行で契約を締結されようものなら、アドバイザーの成功確率は低下し、ビジネスモデルとして成立しにくくなる。これはアドバイザーから見た専属専任契約締結のインセンティブである。

また、複数のアドバイザーと契約を締結する事でコミュニケーションのロスは増加するが、専属専任であれば一人のアドバイザーと情報交換をするだけで済むというのは、クライアント目線から見た専属専任契約締結のインセンティブといえよう。
売り手が、複数のアドバイザーと契約を締結する事で、譲渡案件の情報が、いくつものアドバイザーから一先の買い手に持ち込みされる事が想定される。これにより売り手の買い手に対する信用力が低下する可能性があるが、専属専任契約の場合、こういったリスクは排除できよう。

私は、情報の秘匿性より、M&Aにおいては専属専任契約の締結が適切であると考える。一方、質の高い意思決定を追求する上では我々の様な専門家をバックアドバイザーとして迎えていただくというのは非常に合理的かつ懸命な判断であると考える。

第59話を今すぐ動画で視聴する

「第59話 専属専任契約の意味」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。