第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味

第52話の解説

我々M&Aスタジオは、単に会社の譲渡だけをお手伝いする会社では無い。我々がこの事業を通じて達成したい事は、「クライアントの質の高い意思決定をサポートする事」である。

どうしても成功報酬型のM&Aアドバイザリーにおいては、成功報酬をインセンティブとしてアドバイザーが役務提供を行う為、真に顧客のニーズやウォンツに寄り添った接し方が出来ないのでは無いかと私は考える。

第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味

一方、我々のスタンスはあくまでも、「クライアントの質の高い意思決定をサポートする事」であり、譲渡の依頼は受けたものの、やはり当面、価値向上をするべく内容を充実したいであるとか、第52話にある様に、先行き不安から、一先ず、資金調達を実施し、流動性を確保したいと言ったご希望に対して、真摯に向き合い助言を実施していく。

さて、今回の新型コロナウイルス感染症特別貸付であるが、こちら中堅中小企業経営者には非常に使い勝手の良い貸付制度である。

まず、期間が運転資金でも15年までと非常に長い。約定弁済額を抑制し、手元流動性を高めるには出来るだけ返済感覚長く調達できるに越した事は無い。そしてもう一点が、漫画でも指摘がある様に利子補給制度を活用して、3年間は実質無利子となる。3年もあればこの窮地は脱して、停滞期間の反動で一気に景気が持ちなおす事が予想される事から、無利子期間は調達しておくのはお勧めしておきたい。また、3年経過後も基準金利という事で、現状であれば1.36%とこちらもそこまで高い金利では無いと言えよう。しかもこちら無担保の貸付制度である。

こちらの制度を利用する要件として、直近1ヶ月の売上高が、前年、あるいは前々年と比較して5%以上減少している事というものがある。よほど特需を受けている業種以外は大抵の企業が当てはまる場面があるのでは無いかと思う。

こう言った単純な調達の話だけでなく、クライアントに応じた最適な金融機関取引のデザインという事も、我々は契約範囲の中で役務提供をさせていただいている。ご関心があればいつでもお問い合わせいただきたいと思う。

第52話を今すぐ漫画で読む

第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味①
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味②
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味③
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味④
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味⑤
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味⑥

第52話を今すぐ動画で視聴する

「第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味

第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味

第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味①
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味②
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味③
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味④
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味⑤
第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味⑥

第52話の解説

我々M&Aスタジオは、単に会社の譲渡だけをお手伝いする会社では無い。我々がこの事業を通じて達成したい事は、「クライアントの質の高い意思決定をサポートする事」である。

どうしても成功報酬型のM&Aアドバイザリーにおいては、成功報酬をインセンティブとしてアドバイザーが役務提供を行う為、真に顧客のニーズやウォンツに寄り添った接し方が出来ないのでは無いかと私は考える。

一方、我々のスタンスはあくまでも、「クライアントの質の高い意思決定をサポートする事」であり、譲渡の依頼は受けたものの、やはり当面、価値向上をするべく内容を充実したいであるとか、第52話にある様に、先行き不安から、一先ず、資金調達を実施し、流動性を確保したいと言ったご希望に対して、真摯に向き合い助言を実施していく。

さて、今回の新型コロナウイルス感染症特別貸付であるが、こちら中堅中小企業経営者には非常に使い勝手の良い貸付制度である。

まず、期間が運転資金でも15年までと非常に長い。約定弁済額を抑制し、手元流動性を高めるには出来るだけ返済感覚長く調達できるに越した事は無い。そしてもう一点が、漫画でも指摘がある様に利子補給制度を活用して、3年間は実質無利子となる。3年もあればこの窮地は脱して、停滞期間の反動で一気に景気が持ちなおす事が予想される事から、無利子期間は調達しておくのはお勧めしておきたい。また、3年経過後も基準金利という事で、現状であれば1.36%とこちらもそこまで高い金利では無いと言えよう。しかもこちら無担保の貸付制度である。

こちらの制度を利用する要件として、直近1ヶ月の売上高が、前年、あるいは前々年と比較して5%以上減少している事というものがある。よほど特需を受けている業種以外は大抵の企業が当てはまる場面があるのでは無いかと思う。

こう言った単純な調達の話だけでなく、クライアントに応じた最適な金融機関取引のデザインという事も、我々は契約範囲の中で役務提供をさせていただいている。ご関心があればいつでもお問い合わせいただきたいと思う。

第52話を今すぐ動画で視聴する

「第52話 新型コロナウィルスによる売りアド先からの問い合わせ。その意味」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。