第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か

第5話の解説

中堅中小企業のM&Aアドバイザリーにおいて、特に地方の有力企業の経営者と接していると、候補先にはビッグネームを希望されるケースが少なくない。

会社を売るという事は、経営者からすれば娘を嫁にやるようなものであり、その点からは経営者のメンツに関わる問題でもある。もちろん経営者によっては、メンツといった要素は除外して、いかに自社が成長していけるかという観点で候補先を選ぶ経営者も多くいる。
しかし、特に65歳後半以降の経営者については、依然「メンツ」を大事にする経営者が多い傾向にある。

第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か

そういった点から、候補先の選定で上場企業を指定される事がある。自社が上場会社のグループになるという事は、会社を売却したというよりは、上場グループとして認められたという印象が強く、そのため上場企業への譲渡を希望する経営者も少なくない。

一方、実際に中堅中小企業の買い手と、上場企業の買い手を並行して交渉してみた時に、中堅中小企業の方が良い買収条件が提示されるという事は経験上多いものである。
漫画でも紹介するが、上場企業は株主への説明責任が課せられており、株価についても当然目線は厳しくなる傾向にある。その点、中堅中小企業のオーナーが買い手の場合、そのオーナーの気持ち一つで良い条件提示があるという事は往々にして存在する。
そういった実話に基づいた話を、漫画で分かりやすくお伝える。

第5話を今すぐ漫画で読む

第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か①
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か②
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か③
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か④
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か⑤
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か⑥

第5話を今すぐ動画で視聴する

「第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か

第5話 社会保険料未納男の結末

第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か①
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か②
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か③
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か④
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か⑤
第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か⑥

第5話の解説

中堅中小企業のM&Aアドバイザリーにおいて、特に地方の有力企業の経営者と接していると、候補先にはビッグネームを希望されるケースが少なくない。

会社を売るという事は、経営者からすれば娘を嫁にやるようなものであり、その点からは経営者のメンツに関わる問題でもある。もちろん経営者によっては、メンツといった要素は除外して、いかに自社が成長していけるかという観点で候補先を選ぶ経営者も多くいる。
しかし、特に65歳後半以降の経営者については、依然「メンツ」を大事にする経営者が多い傾向にある。

そういった点から、候補先の選定で上場企業を指定される事がある。自社が上場会社のグループになるという事は、会社を売却したというよりは、上場グループとして認められたという印象が強く、そのため上場企業への譲渡を希望する経営者も少なくない。

一方、実際に中堅中小企業の買い手と、上場企業の買い手を並行して交渉してみた時に、中堅中小企業の方が良い買収条件が提示されるという事は経験上多いものである。
漫画でも紹介するが、上場企業は株主への説明責任が課せられており、株価についても当然目線は厳しくなる傾向にある。その点、中堅中小企業のオーナーが買い手の場合、そのオーナーの気持ち一つで良い条件提示があるという事は往々にして存在する。
そういった実話に基づいた話を、漫画で分かりやすくお伝える。

第5話を今すぐ動画で視聴する

「第5話 譲渡先は上場会社か非上場会社か」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。