第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜

第26話の解説

ホテル事業のM&Aにも複数件関与してきた。ホテルの買収案件というのは、その道のプロからしたらどうも相乗効果を弾きやすいらしく、トントン拍子で話が進むケースというのが多く、案件紹介から1ヶ月程度で成約まで至るというケースも珍しく無い。
というのも、運営ノウハウを導入する事で、稼働率を上げるという事がプロの目から見ると容易に試算できるからという事の様だ。
地方都市であっても、例えば駅前の好立地であるとか、あるいはリゾート的な立地のホテルの場合は、一定の評価を受けて譲渡が実行されるというケースを見てきたのだが、そのいずれにも属さない事案については、中々相手が見つからないというケースもあった。

第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜

そういった場合に、売り受託時点で適正な価格でグリップができていればなんとか相手を見つける事ができようものであるが、入り口の期待値が相場観を外れているとなると、決まるものも決まらない。

今回のケースにおいては、老朽化したホテルであり、かつ今後大規模修繕が必要とされる事案に対して、その引当金を計上せず企業価値評価をしていたという事案を取り上げる。時価評価というのは、その名の通り正確に時価を表す必要があり、それについてアドバイザーは正確なエビデンスに基づき、しっかりとした理解の元にディールを進めていくというのがプロとして求められる当然の姿勢と言えるだろう。

第26話を今すぐ漫画で読む

第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜①
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜②
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜③
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜④
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜⑤
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜⑥

第26話を今すぐ動画で視聴する

「第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜

第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜

第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜①
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜②
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜③
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜④
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜⑤
第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜⑥

第26話の解説

ホテル事業のM&Aにも複数件関与してきた。ホテルの買収案件というのは、その道のプロからしたらどうも相乗効果を弾きやすいらしく、トントン拍子で話が進むケースというのが多く、案件紹介から1ヶ月程度で成約まで至るというケースも珍しく無い。
というのも、運営ノウハウを導入する事で、稼働率を上げるという事がプロの目から見ると容易に試算できるからという事の様だ。
地方都市であっても、例えば駅前の好立地であるとか、あるいはリゾート的な立地のホテルの場合は、一定の評価を受けて譲渡が実行されるというケースを見てきたのだが、そのいずれにも属さない事案については、中々相手が見つからないというケースもあった。

そういった場合に、売り受託時点で適正な価格でグリップができていればなんとか相手を見つける事ができようものであるが、入り口の期待値が相場観を外れているとなると、決まるものも決まらない。

今回のケースにおいては、老朽化したホテルであり、かつ今後大規模修繕が必要とされる事案に対して、その引当金を計上せず企業価値評価をしていたという事案を取り上げる。時価評価というのは、その名の通り正確に時価を表す必要があり、それについてアドバイザーは正確なエビデンスに基づき、しっかりとした理解の元にディールを進めていくというのがプロとして求められる当然の姿勢と言えるだろう。

第26話を今すぐ動画で視聴する

「第26話 ホテル事業の買収〜老朽化した物件にはご注意を〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。