第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜

第24話の解説

決算書の粉飾。正直こういった仕事をしていると、そういった企業には多くお目にかかっている。しかし、基本的にはそういった事はお控えになる事をオススメしたい。もし将来的に第三者に株式を譲渡したいとお思いなのであれば重ねて、公明正大な経理処理をされる事をオススメしたい。

また、万が一、粉飾決算という状態にあったとしても、仮にM&Aを実行するべくアドバイザーに依頼をするという事であれば、アドバイザーには最初にそういった懸念点も含めてしっかりと洗いざらいお話いただくことをオススメする。

第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜

第24話では粉飾決算をしている会社を題材に扱っているが、この経営者に対して、マックスがブチギレるシーンが登場する。マックスは粉飾決算をしているという事に対して切れているのでは無い。最初に全てを開示しなかった事についてブチギレているのである。マックスは粉飾決算をする経営者の姿勢についてキレているわけでは無い。

M&Aアドバイザリーとは、基本的に成功報酬型である。故に、成功しない限りはアドバイザーには報酬は発生しない。いくら成約直前まで進んだとしても、直前でブレイクすれば一銭の金もアドバイザーには入らないのである。

一方、そこまでにかかったコストはアドバイザー負担となる。マックスは赤字案件を受注してしまった自分の甘さにブチギレているのである。ちなみにこれはマックスが若かりし頃の失態をモチーフとしている。

アドバイザーのみならず、最初に詳細を開示しない事によりデメリットを受けるのは売り手経営者も同じ。誰も得をしないのである。誠実な取引を期待したいものである。

第24話を今すぐ漫画で読む

第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜①
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜②
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜③
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜④
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜⑤
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜⑥

第24話を今すぐ動画で視聴する

「第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜

第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜

第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜①
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜②
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜③
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜④
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜⑤
第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜⑥

第24話の解説

決算書の粉飾。正直こういった仕事をしていると、そういった企業には多くお目にかかっている。しかし、基本的にはそういった事はお控えになる事をオススメしたい。もし将来的に第三者に株式を譲渡したいとお思いなのであれば重ねて、公明正大な経理処理をされる事をオススメしたい。

また、万が一、粉飾決算という状態にあったとしても、仮にM&Aを実行するべくアドバイザーに依頼をするという事であれば、アドバイザーには最初にそういった懸念点も含めてしっかりと洗いざらいお話いただくことをオススメする。

第24話では粉飾決算をしている会社を題材に扱っているが、この経営者に対して、マックスがブチギレるシーンが登場する。マックスは粉飾決算をしているという事に対して切れているのでは無い。最初に全てを開示しなかった事についてブチギレているのである。マックスは粉飾決算をする経営者の姿勢についてキレているわけでは無い。

M&Aアドバイザリーとは、基本的に成功報酬型である。故に、成功しない限りはアドバイザーには報酬は発生しない。いくら成約直前まで進んだとしても、直前でブレイクすれば一銭の金もアドバイザーには入らないのである。

一方、そこまでにかかったコストはアドバイザー負担となる。マックスは赤字案件を受注してしまった自分の甘さにブチギレているのである。ちなみにこれはマックスが若かりし頃の失態をモチーフとしている。

アドバイザーのみならず、最初に詳細を開示しない事によりデメリットを受けるのは売り手経営者も同じ。誰も得をしないのである。誠実な取引を期待したいものである。

第24話を今すぐ動画で視聴する

「第24話 粉飾決算の意味〜マックスブチギレイツ乙〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。