第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜

第20話の解説

レーマン方式レーマン方式と多くのM&Aアドバイザーの口から出る言葉であるが、その語源を各人理解しているだろうか。
レーマン方式で用いられている成果配分方式は、ドイツの経営学の権威であるレーマン博士の学説を応用したもの。

これは、M&Aにおける取引金額に対して一定の乗率をかけて手数料を算出する方式。
取引金額の定義は「移動総資産(株式価格+負債総額)」や「企業価値(株式価格+有利子負債)」のケースもあれば「株式譲渡対価」のケースもあり様々。
この点は、アドバイザーと契約を締結する際に、必ずチェックすべき項目であると言える。

第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜

漫画の事例を見ると、総資産が大きいが純資産金額が薄い企業においては、総資産レーマンを基準に算出する事で、手数料金額が大きく上下する事になる。
また、M&A専門会社ごとに最低手数料の規程が設けられている事が多いし、成功報酬以外にも着手金、中間金、月次報酬など別途費用が求められるケースも存在する。

通常、一台の車を買うケースにおいても、相見積もりを取るようなコストにシビアな経営者であっても、これだけ大きな意思決定にかかる役務提供の契約締結にも関わらず、こういった重要な論点を見過ごして契約を締結するケースは少なくない。注意されたい。

第20話を今すぐ漫画で読む

第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜①
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜②
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜③
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜④
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜⑤
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜⑥

第20話を今すぐ動画で視聴する

「第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜

第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜

第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜①
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜②
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜③
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜④
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜⑤
第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜⑥

第20話の解説

レーマン方式レーマン方式と多くのM&Aアドバイザーの口から出る言葉であるが、その語源を各人理解しているだろうか。
レーマン方式で用いられている成果配分方式は、ドイツの経営学の権威であるレーマン博士の学説を応用したもの。

これは、M&Aにおける取引金額に対して一定の乗率をかけて手数料を算出する方式。
取引金額の定義は「移動総資産(株式価格+負債総額)」や「企業価値(株式価格+有利子負債)」のケースもあれば「株式譲渡対価」のケースもあり様々。
この点は、アドバイザーと契約を締結する際に、必ずチェックすべき項目であると言える。

漫画の事例を見ると、総資産が大きいが純資産金額が薄い企業においては、総資産レーマンを基準に算出する事で、手数料金額が大きく上下する事になる。
また、M&A専門会社ごとに最低手数料の規程が設けられている事が多いし、成功報酬以外にも着手金、中間金、月次報酬など別途費用が求められるケースも存在する。

通常、一台の車を買うケースにおいても、相見積もりを取るようなコストにシビアな経営者であっても、これだけ大きな意思決定にかかる役務提供の契約締結にも関わらず、こういった重要な論点を見過ごして契約を締結するケースは少なくない。注意されたい。

第20話を今すぐ動画で視聴する

「第20話 総資産レーマンの功罪〜目指せレニングラード〜」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。