第2話 M&Aにおける情報管理について

第2話の解説

M&Aを実行するにあたり、経営者が一番ナーバスになるのが情報管理ではないだろうか。自分の会社が売りに出てるといった情報が、自社の業界や近隣で広まる事は、自社の経営にマイナスの影響を及ぼす事はあっても、プラスになる事は何ひとつ無い。

故に、経営者が自社の譲渡を検討する時、自社の情報は、どのような情報が、どういった形で、どのようなルートで持ち込みをされるか、という事は、正確に理解していきたい内容である。

第2話 M&Aにおける情報管理について

企業概要書や、インフォメーションメモランダム(通称IM)と呼ばれる、企業の中身が全て盛り込まれた書類を持ち込む前に、最初に買い手へ提示される書類が「ノンネームシート」である。

ノンネームシートには、譲渡対象企業の地域、業種、従業員数といった、その情報だけでは対象企業が特定されない情報が記載されている。まず詳細情報を開示する前に、ティーザー情報を提供し、抽象度の高い情報で相手の買収意欲を探るのである。M&Aのように秘匿性の高い情報においては、詳細情報を安易に候補先へ提供する事は通常しない。

強い関心を示す相手が出てきた場合にのみ、その相手とアドバイザーは秘密保持契約書を締結し、先ほど述べた企業概要書による情報提供を行うのである。第2話ではこのあたりのやりとりを漫画で分かりやすくお伝えする。

第2話を今すぐ漫画で読む

第2話 M&Aにおける情報管理について①
第2話 M&Aにおける情報管理について②
第2話 M&Aにおける情報管理について③
第2話 M&Aにおける情報管理について④

第2話を今すぐ動画で視聴する

「第2話 M&Aにおける情報管理について」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第2話 M&Aにおける情報管理について

第2話 情報漏洩への対処

第2話 M&Aにおける情報管理について①
第2話 M&Aにおける情報管理について②
第2話 M&Aにおける情報管理について③
第2話 M&Aにおける情報管理について④

第2話の解説

M&Aを実行するにあたり、経営者が一番ナーバスになるのが情報管理ではないだろうか。自分の会社が売りに出てるといった情報が、自社の業界や近隣で広まる事は、自社の経営にマイナスの影響を及ぼす事はあっても、プラスになる事は何ひとつ無い。

故に、経営者が自社の譲渡を検討する時、自社の情報は、どのような情報が、どういった形で、どのようなルートで持ち込みをされるか、という事は、正確に理解していきたい内容である。

企業概要書や、インフォメーションメモランダム(通称IM)と呼ばれる、企業の中身が全て盛り込まれた書類を持ち込む前に、最初に買い手へ提示される書類が「ノンネームシート」である。

ノンネームシートには、譲渡対象企業の地域、業種、従業員数といった、その情報だけでは対象企業が特定されない情報が記載されている。まず詳細情報を開示する前に、ティーザー情報を提供し、抽象度の高い情報で相手の買収意欲を探るのである。M&Aのように秘匿性の高い情報においては、詳細情報を安易に候補先へ提供する事は通常しない。

強い関心を示す相手が出てきた場合にのみ、その相手とアドバイザーは秘密保持契約書を締結し、先ほど述べた企業概要書による情報提供を行うのである。第2話ではこのあたりのやりとりを漫画で分かりやすくお伝えする。

第2話を今すぐ動画で視聴する

「第2話 M&Aにおける情報管理について」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。