第15話 株式の買い集め

第15話の解説

これは実際にアドバイザリー業務を提供する中で、クライアントから過去何回か受けた相談を切り取った一コマである。

資本主義社会で会社を経営する以上、資本周りは入り口から几帳面に整理しておくに越した事はない。資本の問題で揉めるのは、儲からない時では無い。嬉しい悲鳴のように聞こえるが、揉めるのは、儲かった後なのである。

立ち上げ当初は、赤字で純資産がマイナスぐらいの会社であったとすると、その価値をゼロ程度に見積もり、各株主は出資していた事であろう。

第15話 株式の買い集め

しかし、ビジネスとは面白いもので、優秀でやる気のある人間が数年間本気で事業に取り組む事により、収益性は高まり、純資産が年々積み上がっていくのは、よくある事なのである。

所有と経営の一致が重要である、と事業承継の教科書的な書籍にはよく書かれているが、まさにその通りであり、これをご覧の皆様には再度自社の資本構成を見直していただきたいと思う。

中堅中小企業における経営資源は少なく、限りある経営資源を最大限活用し死の谷を超えていく事が、特にスタートアップ時には求められると言えよう。株式は事業の発展に貢献し得る人なり法人なりに所有をさせ、その発展を共に享受していくという事が資本主義の理屈からは適切な資本政策といえよう。

第15話を今すぐ漫画で読む

第15話 株式の買い集め①
第15話 株式の買い集め②
第15話 株式の買い集め②
第15話 株式の買い集め④
第15話 株式の買い集め⑤
第15話 株式の買い集め⑥

第15話を今すぐ動画で視聴する

「第15話 株式の買い集め」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第15話 株式の買い集め

第15話 株式の買い集め

第15話 株式の買い集め①
第15話 株式の買い集め②
第15話 株式の買い集め②
第15話 株式の買い集め④
第15話 株式の買い集め⑤
第15話 株式の買い集め⑥

第15話の解説

これは実際にアドバイザリー業務を提供する中で、クライアントから過去何回か受けた相談を切り取った一コマである。

資本主義社会で会社を経営する以上、資本周りは入り口から几帳面に整理しておくに越した事はない。資本の問題で揉めるのは、儲からない時では無い。嬉しい悲鳴のように聞こえるが、揉めるのは、儲かった後なのである。

立ち上げ当初は、赤字で純資産がマイナスぐらいの会社であったとすると、その価値をゼロ程度に見積もり、各株主は出資していた事であろう。


しかし、ビジネスとは面白いもので、優秀でやる気のある人間が数年間本気で事業に取り組む事により、収益性は高まり、純資産が年々積み上がっていくのは、よくある事なのである。

所有と経営の一致が重要である、と事業承継の教科書的な書籍にはよく書かれているが、まさにその通りであり、これをご覧の皆様には再度自社の資本構成を見直していただきたいと思う。

中堅中小企業における経営資源は少なく、限りある経営資源を最大限活用し死の谷を超えていく事が、特にスタートアップ時には求められると言えよう。株式は事業の発展に貢献し得る人なり法人なりに所有をさせ、その発展を共に享受していくという事が資本主義の理屈からは適切な資本政策といえよう。

第15話を今すぐ動画で視聴する

「第15話 株式の買い集め」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。