第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌

第14話の解説

収益悪化にあえぐ地域金融機関において、収益性の高いM&A業務は、10年前ならいざ知らず、今や金のなる木である。

本業である融資業務から得られる利鞘収入や、あるいは、ここ数年役務収益の基盤を支えていた投資信託・生命保険から得られる役務収入も低下傾向にある。

そのような環境下で、地域金融機関、特に地方銀行は別の収益基盤の獲得に向けて必死に奔走しているというのが実態。

その中でも、先ほど触れたように、M&A業務は金のなる木であり、銀行のM&A部門といえば、今や行内でも花形セクションとなっている。

第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌

まだまだ情報の非対称性が大きいこの分野においては、特に、地方においては地方銀行が我が物顔で幅をきかせているという実態がある。

銀行クライアントからすれば、中々人に相談しにくいM&Aという話を取引銀行へ相談した場合、銀行の提案を鵜呑みにし、別の選択肢を比較検討するという思考になりにくいのではないかと推察する。

M&Aにおける専門的知見やマッチング能力、これは事実ベースで考えて業界最大手と地方銀行を比較した場合、圧倒的に最大手のリーディングカンパニーに軍杯が上がるのは間違い。

その選択肢を示さず、情報の非対称性を自行に都合よく利用し、貧弱なサポート体制である自行サービスを唯一の選択肢として提示する地方銀行のやり方に、警鐘を鳴らしたい。

一部では、専門会社との提携関係を有機的に活用し顧客本位の役務提供を実施している誠実な銀行もあるのだが、そのような高い志を持つ銀行など非常に稀である。

真に顧客本位の役務提供が実行できていない地方銀行の業務執行体制に、顧客目線からややバイオレンスな要素も組み込みつつ警鐘を鳴し続ける。

第14話を今すぐ漫画で読む

第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌①
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌②
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌③
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌④
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌⑤
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌⑥

第14話を今すぐ動画で視聴する

「第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌

第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌

第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌①
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌②
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌③
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌④
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌⑤
第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌⑥

第14話の解説

収益悪化にあえぐ地域金融機関において、収益性の高いM&A業務は、10年前ならいざ知らず、今や金のなる木である。

本業である融資業務から得られる利鞘収入や、あるいは、ここ数年役務収益の基盤を支えていた投資信託・生命保険から得られる役務収入も低下傾向にある。

そのような環境下で、地域金融機関、特に地方銀行は別の収益基盤の獲得に向けて必死に奔走しているというのが実態。

その中でも、先ほど触れたように、M&A業務は金のなる木であり、銀行のM&A部門といえば、今や行内でも花形セクションとなっている。

まだまだ情報の非対称性が大きいこの分野においては、特に、地方においては地方銀行が我が物顔で幅をきかせているという実態がある。

銀行クライアントからすれば、中々人に相談しにくいM&Aという話を取引銀行へ相談した場合、銀行の提案を鵜呑みにし、別の選択肢を比較検討するという思考になりにくいのではないかと推察する。

M&Aにおける専門的知見やマッチング能力、これは事実ベースで考えて業界最大手と地方銀行を比較した場合、圧倒的に最大手のリーディングカンパニーに軍杯が上がるのは間違い。

その選択肢を示さず、情報の非対称性を自行に都合よく利用し、貧弱なサポート体制である自行サービスを唯一の選択肢として提示する地方銀行のやり方に、警鐘を鳴らしたい。

一部では、専門会社との提携関係を有機的に活用し顧客本位の役務提供を実施している誠実な銀行もあるのだが、そのような高い志を持つ銀行など非常に稀である。

真に顧客本位の役務提供が実行できていない地方銀行の業務執行体制に、顧客目線からややバイオレンスな要素も組み込みつつ警鐘を鳴し続ける。

第14話を今すぐ動画で視聴する

「第14話 銀行支店長に怒りの鉄槌」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。