第13話 売り手社長の留任期間

第13話の解説

オーナー経営者が会社を譲渡した場合、その代表者であるオーナー社長の処遇はどうなるのか。これは、実は実務上、売り手経営者から上がってくる質問の中でも、多く寄せられる質問である。

それに対する答えとしては、「社長のご希望をまずお聞かせ頂いて、その上でお相手を探します」という事になるのだが、経験上、譲渡を決断した経営者(特に高齢社長)は、早期退任を希望されるケースが大半である。

第13話 売り手社長の留任期間

実際にお手伝いしたケースで譲渡後5年間継続的に顧問として関与し続けているケースもあれば、3ヶ月で退任されたケースもある。結果としては、売り手と買い手の関係性、前経営者の事業継続への関与必要性等により、その期間というのはマチマチであるというのが実態である。

一方、第13話では、長期で顧問契約を締結しようとした社長をマックスが叱責する場面が登場する。
一概にそうとは言えないのだが、一般的に見て、買い手が自社と相乗効果を発揮して会社を発展させていこうという局面において長期間売り手社長の依存を継続する様な顧問契約の締結は、良いものではない。短期のタームで区切り、都度見直すというスタイルが適切であろう。

第13話を今すぐ漫画で読む

第13話 売り手社長の留任期間①
第13話 売り手社長の留任期間②
第13話 売り手社長の留任期間③
第13話 売り手社長の留任期間④
第13話 売り手社長の留任期間⑤
第13話 売り手社長の留任期間⑥
第13話 売り手社長の留任期間⑦

第13話を今すぐ動画で視聴する

「第13話 売り手社長の留任期間」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第13話 売り手社長の留任期間

第13話 売り手社長の留任期間

第13話 売り手社長の留任期間①
第13話 売り手社長の留任期間②
第13話 売り手社長の留任期間③
第13話 売り手社長の留任期間④
第13話 売り手社長の留任期間⑤
第13話 売り手社長の留任期間⑥
第13話 売り手社長の留任期間⑦

第13話の解説

オーナー経営者が会社を譲渡した場合、その代表者であるオーナー社長の処遇はどうなるのか。これは、実は実務上、売り手経営者から上がってくる質問の中でも、多く寄せられる質問である。

それに対する答えとしては、「社長のご希望をまずお聞かせ頂いて、その上でお相手を探します」という事になるのだが、経験上、譲渡を決断した経営者(特に高齢社長)は、早期退任を希望されるケースが大半である。

実際にお手伝いしたケースで譲渡後5年間継続的に顧問として関与し続けているケースもあれば、3ヶ月で退任されたケースもある。結果としては、売り手と買い手の関係性、前経営者の事業継続への関与必要性等により、その期間というのはマチマチであるというのが実態である。

一方、第13話では、長期で顧問契約を締結しようとした社長をマックスが叱責する場面が登場する。

一概にそうとは言えないのだが、一般的に見て、買い手が自社と相乗効果を発揮して会社を発展させていこうという局面において長期間売り手社長の依存を継続する様な顧問契約の締結は、良いものではない。短期のタームで区切り、都度見直すというスタイルが適切であろう。

第13話を今すぐ動画で視聴する

「第13話 売り手社長の留任期間」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。