第1話 社会保険料未納男の結末

第1話の解説

自分が手塩にかけて育ててきた会社を譲渡するという事であるので、できる限り良い条件で譲渡したい。経営者であれば誰もが抱く想いではないだろうか。

一方、中堅中小企業の株式譲渡においても、株価の算定というのは一定の理論・ロジックが存在する。特に、多くの中堅中小企業の株式価値評価に用いられる評価手法は “純資産営業権法” である。
この評価手法は、対象企業の時価純資産に営業権を加味したシンプルな評価方法であり、数多く存在する株式価値評価手法の中で、中堅中小企業の経営者が比較的理解しやすい論理・ロジックであると考える。

第1話 社会保険料未納男の結末

営業権は対象企業の実態収益力によって上下するのだが、今回はその実態収益力の算定において特殊な労務管理をしていたため、疑義が生じた事案である。

本件は、非常に特殊な事案である。
一件とても収益性が高いと思われる企業であったが、社会保険料の支払いを免れる事で利益を上増ししていた。それも非常に特殊な手法を用いて社会保険料納付を免れていたわけである。私が担当していた頃は、世の中的にはこういった中小企業も多く存在し、行政指導などが入る事もなかったようである。一方、現代では労務管理に対する社会の目は厳しく、こうした工作をしている事自体が、株式譲渡をするに当たってマイナス要素になる事は言うまでもない。こういった企業もあるのだという目線で、是非ご覧いただきたい。

第1話を今すぐ漫画で読む

第1話 社会保険料未納男の結末①
第1話 社会保険料未納男の結末②
第1話 社会保険料未納男の結末③
第1話 社会保険料未納男の結末④

第1話を今すぐ動画で視聴する

「第1話 社会保険料未納男の結末」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。

第1話 社会保険料未納男の結末

第1話 社会保険料未納男の結末

第1話 社会保険料未納男の結末①
第1話 社会保険料未納男の結末②
第1話 社会保険料未納男の結末③
第1話 社会保険料未納男の結末④

第1話の解説

自分が手塩にかけて育ててきた会社を譲渡するという事であるので、できる限り良い条件で譲渡したい。経営者であれば誰もが抱く想いではないだろうか。

一方、中堅中小企業の株式譲渡においても、株価の算定というのは一定の理論・ロジックが存在する。特に、多くの中堅中小企業の株式価値評価に用いられる評価手法は “純資産営業権法” である。
この評価手法は、対象企業の時価純資産に営業権を加味したシンプルな評価方法であり、数多く存在する株式価値評価手法の中で、中堅中小企業の経営者が比較的理解しやすい論理・ロジックであると考える。

営業権は対象企業の実態収益力によって上下するのだが、今回はその実態収益力の算定において特殊な労務管理をしていたため、疑義が生じた事案である。

本件は、非常に特殊な事案である。
一件とても収益性が高いと思われる企業であったが、社会保険料の支払いを免れる事で利益を上増ししていた。それも非常に特殊な手法を用いて社会保険料納付を免れていたわけである。私が担当していた頃は、世の中的にはこういった中小企業も多く存在し、行政指導などが入る事もなかったようである。一方、現代では労務管理に対する社会の目は厳しく、こうした工作をしている事自体が、株式譲渡をするに当たってマイナス要素になる事は言うまでもない。こういった企業もあるのだという目線で、是非ご覧いただきたい。

第1話を今すぐ動画で視聴する

「第1話 社会保険料未納男の結末」をYouTubeで視聴される方はこちらからどうぞ。