500万円で買える会社を探している人にM&Aアドバイザーとして私が今伝えたいこと

M&Aコラム

500万円で買える会社を探している人にM&Aアドバイザーとして私が今伝えたいこと

M&Aコラム

 さて、100万円で買える会社を探している人向けのコラムは以前ご紹介した。今回は、500万円で買える会社を探している人向けのコラム。

 そもそも、500万円で買える会社を探している人ってどういった人なんだろうか。例えば、30代半ばで2,000万円ほど貯蓄があり、ちょっと起業に関心がある人、あるいは、会社を退職し、第二の人生、退職金を原資に何か新しい事業をやってみたいという人かもしれない。100万円で会社を探す人よりは少し資金的に余力がある人、そして、より資金を投じて本気で事業展開したいという、起業家の方が多いのでは無いだろうか。

 ではそんな貴方にM&Aアドバイザーとして私が今伝えたい事を三つに分けてお伝えする。

 一つ目が、500万円という価格がついているその裏付けが何なのか、それをしっかりと考えて欲しいという事。買収対象会社の土地なのか、商品なのか、売掛金なのか、あるいは実態収益に基づく営業権なのか、どういう根拠でその500万円という価格が構成されているのかという事を自分の頭でゼロベースで考えて欲しい。こういう時に気軽に相談できるアドバイザーがいると意思決定もスムーズだろうと思う。

 二つ目が、これも100万円の案件と同じ切り口なのだが、価格なりの案件だから過度に期待してはいけないという事である。私が取り扱うM&A対象の企業は大半が数億円という価格の案件である。その価格がついても、社内体制がガタガタというような会社も少なく無い。とすれば、それの10分の1以下の価格の案件であるわけだから案件に過度の期待をするのは適切では無い。故に一つ目に述べた様に自分の頭で価値を見極めて欲しい。

 三つ目は、失敗した時の事を想定して、最悪を想定して意思決定をして欲しいという事である。30代半ばの起業、退職後の起業、今まで社畜三昧の生活で自由を奪われていて、ついに自由を手に入れるタイミングかもしれない。

一方、会社員と違い、事業家が晒されるリスクはとてつもなく大きい。昨今では新型コロナウィルスの影響で廃業を余儀なくされる会社も後を絶たない状況である。故に、サラリーマンが500万円の投資をして事業に手を出すという事であれば、最悪を想定しておくという事も重要な事であろう。

 さて、金額が高くなる毎に、一般的にはより事業と言えるものに近い会社を取得できる事になろうかと思う。
次は1,000万の企業をお探しの貴方に私が今伝えたい事をお伝えしようと思う。

M&Aコラム

500万円で買える会社を探している人にM&Aアドバイザーとして私が今伝えたいこと

 さて、100万円で買える会社を探している人向けのコラムは以前ご紹介した。今回は、500万円で買える会社を探している人向けのコラム。

 そもそも、500万円で買える会社を探している人ってどういった人なんだろうか。例えば、30代半ばで2,000万円ほど貯蓄があり、ちょっと起業に関心がある人、あるいは、会社を退職し、第二の人生、退職金を原資に何か新しい事業をやってみたいという人かもしれない。100万円で会社を探す人よりは少し資金的に余力がある人、そして、より資金を投じて本気で事業展開したいという、起業家の方が多いのでは無いだろうか。

 ではそんな貴方にM&Aアドバイザーとして私が今伝えたい事を三つに分けてお伝えする。

 一つ目が、500万円という価格がついているその裏付けが何なのか、それをしっかりと考えて欲しいという事。買収対象会社の土地なのか、商品なのか、売掛金なのか、あるいは実態収益に基づく営業権なのか、どういう根拠でその500万円という価格が構成されているのかという事を自分の頭でゼロベースで考えて欲しい。こういう時に気軽に相談できるアドバイザーがいると意思決定もスムーズだろうと思う。

 二つ目が、これも100万円の案件と同じ切り口なのだが、価格なりの案件だから過度に期待してはいけないという事である。私が取り扱うM&A対象の企業は大半が数億円という価格の案件である。その価格がついても、社内体制がガタガタというような会社も少なく無い。とすれば、それの10分の1以下の価格の案件であるわけだから案件に過度の期待をするのは適切では無い。故に一つ目に述べた様に自分の頭で価値を見極めて欲しい。

 三つ目は、失敗した時の事を想定して、最悪を想定して意思決定をして欲しいという事である。30代半ばの起業、退職後の起業、今まで社畜三昧の生活で自由を奪われていて、ついに自由を手に入れるタイミングかもしれない。

一方、会社員と違い、事業家が晒されるリスクはとてつもなく大きい。昨今では新型コロナウィルスの影響で廃業を余儀なくされる会社も後を絶たない状況である。故に、サラリーマンが500万円の投資をして事業に手を出すという事であれば、最悪を想定しておくという事も重要な事であろう。

 さて、金額が高くなる毎に、一般的にはより事業と言えるものに近い会社を取得できる事になろうかと思う。
次は1,000万の企業をお探しの貴方に私が今伝えたい事をお伝えしようと思う。