100万円で買える会社を探している人にM&Aアドバイザーとして私が今伝えたいこと

M&Aコラム

100万円で買える会社を探している人にM&Aアドバイザーとして私が今伝えたいこと

M&Aコラム

 100万で会社が買えるみたいな情報が結構出回っている様である。私が現在取り扱う企業群は最低でも株価1億円ぐらいの案件が主軸である為、正直100万円という譲渡対価の案件を取り扱った事は無い。譲渡対価は1億円だが、大半を退職金で支給する為、結果として株価が一円といったディールは往々にしてあるが、純粋に譲渡対価が100万円の案件を取り扱うという事はほぼ無い。

 まず最初に、中堅中小企業の株価の算定について確認していきたいが、大半の事案が、時価純資産+営業権、という形で株価が算定される。通常、株価が100万円というケースは、大半が純資産が100万円であるケースか、そもそも資産がほぼ無いというケースがほとんどであると思う。これらは、私が扱う譲渡案件群と比較すると、企業価値としては相対的に見て低いものが多く、あくまでも価格なりの案件であるという前提で会社を見ていく事が妥当であろう。

 小規模案件を探索したいのであれば、バトンズやトランビなどが有名であり、こちらを活用してリサーチされるのが良いと思う。

 さて、そんなあなたに伝えておきたい事が三つある。
まず一つ目が、しっかりと財務内容を理解した上で買収を検討して欲しいという事である。株価が100万円といっても色々なケースがある。例えば、総資産4億円、負債3億9千9百万円、という財務内容でも株価は100万円、総資産1千万円、純資産9百万円でも株価は100万円である(営業権は考慮しない)。単純に価格だけで買収の可否を判断してはいけない。

二つ目が、価格なりの案件であるので過度に期待し過ぎてはいけないという事。100万円の株価というのは、売り手からすれば無償譲渡に等しい。故に、そこまで良い案件があると思ってはいけない。注意されたい。

三つ目が、とはいえしっかりと投資回収を考えて買っていただきたいという事。その為に、しっかりとビジネスモデルが理解できる事業である必要がある。分からないものに安いからと言って手を出してはいけない。
とはいえ、価格が安くても、あなたにとって掘り出し物と言える案件は多くあるはずであり、上記3点には注意しながらも、リサーチに取り組んでいただきたい。もしかすると素晴らしい案件に出会える事があるかもしれない。これは規模の大小問わず、縁のものだと思う。

M&Aコラム

100万円で買える会社を探している人にM&Aアドバイザーとして私が今伝えたいこと

 100万で会社が買えるみたいな情報が結構出回っている様である。私が現在取り扱う企業群は最低でも株価1億円ぐらいの案件が主軸である為、正直100万円という譲渡対価の案件を取り扱った事は無い。譲渡対価は1億円だが、大半を退職金で支給する為、結果として株価が一円といったディールは往々にしてあるが、純粋に譲渡対価が100万円の案件を取り扱うという事はほぼ無い。

 まず最初に、中堅中小企業の株価の算定について確認していきたいが、大半の事案が、時価純資産+営業権、という形で株価が算定される。通常、株価が100万円というケースは、大半が純資産が100万円であるケースか、そもそも資産がほぼ無いというケースがほとんどであると思う。これらは、私が扱う譲渡案件群と比較すると、企業価値としては相対的に見て低いものが多く、あくまでも価格なりの案件であるという前提で会社を見ていく事が妥当であろう。

 小規模案件を探索したいのであれば、バトンズやトランビなどが有名であり、こちらを活用してリサーチされるのが良いと思う。

 さて、そんなあなたに伝えておきたい事が三つある。
まず一つ目が、しっかりと財務内容を理解した上で買収を検討して欲しいという事である。株価が100万円といっても色々なケースがある。例えば、総資産4億円、負債3億9千9百万円、という財務内容でも株価は100万円、総資産1千万円、純資産9百万円でも株価は100万円である(営業権は考慮しない)。単純に価格だけで買収の可否を判断してはいけない。

二つ目が、価格なりの案件であるので過度に期待し過ぎてはいけないという事。100万円の株価というのは、売り手からすれば無償譲渡に等しい。故に、そこまで良い案件があると思ってはいけない。注意されたい。

三つ目が、とはいえしっかりと投資回収を考えて買っていただきたいという事。その為に、しっかりとビジネスモデルが理解できる事業である必要がある。分からないものに安いからと言って手を出してはいけない。
とはいえ、価格が安くても、あなたにとって掘り出し物と言える案件は多くあるはずであり、上記3点には注意しながらも、リサーチに取り組んでいただきたい。もしかすると素晴らしい案件に出会える事があるかもしれない。これは規模の大小問わず、縁のものだと思う。