M&Aアドバイザーは見た〜会社が買収されたらどうなるか

M&Aコラム

M&Aアドバイザーは見た〜会社が買収されたらどうなるか

M&Aコラム

「会社を譲渡しようと思ってるんだ」
もしあなたが雇われ社長や、経営幹部であるなら、このような事をオーナー経営者から切り出された時、不安で不安で仕方ないのではないだろうか。

会社を譲渡するというのは、一般的には現在のオーナー経営者が、自社の株式を第三者に譲り渡す事を指す。その株式譲渡により、株券不発行会社であれば株主名簿が売り手オーナーから買い手に書き換わって、会社の所有権は移転する。

会社を譲渡するというのは、そのオーナーが第三者に一定の価格でその株式を譲渡し、その経営権を第三者へ移転する事に他ならない。
故に、あなたはそんな話をされた時、色々な不安がよぎるに違いない。人間というのは変化を嫌う生き物である。生活の基盤ともいうべき会社の経営者が変わるというのは、言い知れぬ不安に苛まれるであろう。

給料が下がるのではないか、降格になるのではないか、リストラを実施するのではないか、買い手の考えで、社内の仕組みをグチャグチャにされるのでは無いか、など、不安は後を絶たないと思う。

では、実際に自社がM&Aで買収された場合、あなたの身にどういった事が起きるのだろうか。

もしあなたが、社内で重要なポジションにいる場合、一般的にあなたは手厚く処遇される可能性が高い。M&Aというのは、人を買うという要素が強く、通常買い手は買収時に社内のキーマンが誰かというのを認識している。
故に、買収前には、売り手のオーナーに対して、キーマンが辞めないように注意して欲しいという依頼が買い手からされるケースが多いのである。よほどの再生案件でない限り、従業員をリストラする様な事も無い。

また、給与体系についても基本的に現状を維持する事が大半だし、場合によっては買い手企業に報酬を合わせる事で収入が増加する事だってある。
また、あなたの働きぶりによっては、買い手企業の経営幹部にあなたが選任される事だってあるのだ。

そもそも買い手は、グループ間のシナジーを期待して前向きな期待の下買収の意思決定をしている。故に、買収により会社の業績が向上する事は大いにあり得る事なのである。

ごくたまに、PMIを心得ないワンマン経営者が、売り手従業員に対していきなり自分の価値観を押し付けて一気に人が辞めるみたいな事案を見かけるが、発生確率は30件に1件ぐらいの確率だろう。
参考:漫画でわかるM&A〜第10話 最後の机

あなたが、優秀な経営幹部なら買収前に買い手経営者との食事会の設定、あるいは買収後に同様の会が設定され、今後のビジョンについても優先的に共有されるだろうし、そのビジョン浸透への協力を依頼されるだろう。そういう場合は、積極的に買い手オーナーに協力し信頼を勝ち得る事をお勧めする。

会社が買収されるからといって過度に心配しすぎる必要はない。しっかりと譲渡理由や今後の方針を腹に落とし、会社の更なる発展を考え、前向きに対処していけばいいのだ。

M&Aコラム

M&Aアドバイザーは見た〜会社が買収されたらどうなるか

「会社を譲渡しようと思ってるんだ」
もしあなたが雇われ社長や、経営幹部であるなら、このような事をオーナー経営者から切り出された時、不安で不安で仕方ないのではないだろうか。

会社を譲渡するというのは、一般的には現在のオーナー経営者が、自社の株式を第三者に譲り渡す事を指す。その株式譲渡により、株券不発行会社であれば株主名簿が売り手オーナーから買い手に書き換わって、会社の所有権は移転する。

会社を譲渡するというのは、そのオーナーが第三者に一定の価格でその株式を譲渡し、その経営権を第三者へ移転する事に他ならない。
故に、あなたはそんな話をされた時、色々な不安がよぎるに違いない。人間というのは変化を嫌う生き物である。生活の基盤ともいうべき会社の経営者が変わるというのは、言い知れぬ不安に苛まれるであろう。

給料が下がるのではないか、降格になるのではないか、リストラを実施するのではないか、買い手の考えで、社内の仕組みをグチャグチャにされるのでは無いか、など、不安は後を絶たないと思う。

では、実際に自社がM&Aで買収された場合、あなたの身にどういった事が起きるのだろうか。

もしあなたが、社内で重要なポジションにいる場合、一般的にあなたは手厚く処遇される可能性が高い。M&Aというのは、人を買うという要素が強く、通常買い手は買収時に社内のキーマンが誰かというのを認識している。
故に、買収前には、売り手のオーナーに対して、キーマンが辞めないように注意して欲しいという依頼が買い手からされるケースが多いのである。よほどの再生案件でない限り、従業員をリストラする様な事も無い。

また、給与体系についても基本的に現状を維持する事が大半だし、場合によっては買い手企業に報酬を合わせる事で収入が増加する事だってある。
また、あなたの働きぶりによっては、買い手企業の経営幹部にあなたが選任される事だってあるのだ。

そもそも買い手は、グループ間のシナジーを期待して前向きな期待の下買収の意思決定をしている。故に、買収により会社の業績が向上する事は大いにあり得る事なのである。

ごくたまに、PMIを心得ないワンマン経営者が、売り手従業員に対していきなり自分の価値観を押し付けて一気に人が辞めるみたいな事案を見かけるが、発生確率は30件に1件ぐらいの確率だろう。
参考:漫画でわかるM&A〜第10話 最後の机

あなたが、優秀な経営幹部なら買収前に買い手経営者との食事会の設定、あるいは買収後に同様の会が設定され、今後のビジョンについても優先的に共有されるだろうし、そのビジョン浸透への協力を依頼されるだろう。そういう場合は、積極的に買い手オーナーに協力し信頼を勝ち得る事をお勧めする。

会社が買収されるからといって過度に心配しすぎる必要はない。しっかりと譲渡理由や今後の方針を腹に落とし、会社の更なる発展を考え、前向きに対処していけばいいのだ。